痩せたっかったら、まず決めること。

一年中、ダイエットをしているのに、なぜ痩せないのかという疑問の答えは明確です。

それは、「本気で痩せると決めていない」からです。


様々な理由があるのでしょうが、間違いなくこれが一番の理由です。

今の生活のまま、何の生活習慣を変えることなく「痩せたらいいな」と、ダイエット的なことを続けているからなのです。

人間には、恒常性(ホメオスタシス)が備わっています。

恒常性とは、無意識にそのままでい続けようという本能です。

例えば、人間の体温が約36度であるのは、恒常性が機能しているからです。

真夏であれば汗をかいて体温を下げ、真冬であれば身体をブルブルと震えさせて体温を上げます。

これだけであれば便利でよろしいのですが、恒常性は考え方にも影響します。

「明日から勉強するぞ」「毎日、筋トレするぞ」と思い立っても、続けられないのも恒常性が働いているからです。

もちろん体型にも、そして恐ろしいことに人間関係、収入や地位といったことにまで恒常性は働いています。

ようするに、「今の考え方や生活習慣を変えるのはイヤだ」ということです。

ですが、逆も然り。

良い習慣を崩すのも、実は難しいのです。

例えば、日常的に運動をするような人は、運動をしないと何となく気持ちが悪いと感じるようになります。

恒常性は無意識に働いています。

ですから、悪しき習慣を断ち切って、良い習慣に変えるためには表面的に考えるだけでなく、潜在意識にまで刷りこむ必要があるのです。

もちろん簡単ではありません。

だから、本気で痩せたいと思っていない人は、ここで諦めてしまうのです。

では、恒常性に打ち勝つために何をしたらいいのでしょうか。

それは、「普段の生活を少しだけ変えてみる」というのがよろしいでしょう。

時間がある時にいつもと違う道を選んでみるとか、少しだけ早く起きるとか、まずはその程度でいいのです。

少しの勇気をもって、変化を楽しむことができるようになれば、大きな変化がいずれ訪れます。

そのためにも、「痩せたい」と考えるよりも、「痩せる」と決めて行動を起こしてください。