なぜ、リバウンドするのか。

多くの人がダイエットに挑戦したことがあるかと思います。

そして、少し体重が減っては元に戻るという、いわゆるリバウンドも経験されているのではないでしょうか。

リバウンドの理由は、本当にさまざまなものがあります。

しかし、根本的な理由は、

「考え方と生活習慣が元のままだから」

と、いえるでしょう。


以前にも詳しく書きましたが、人間には恒常性(ホメオスタシス)が備わっています。

太っていようが、痩せていようが、元の体重を維持しようという機能です。

正常で健康な身体には、この機能が働いているので、はっきりいって抗う術はありません。

ダイエットをしていて、体重があまり変わらず、いわゆる停滞期に入るのも、この恒常性が理由です。

いろいろな文献での評価や、実体験からの私なりの意見ですが、体重の減少は一か月に自身の体重の5%以下に抑えた方がよろしいでしょう。

というのも、急激に体重が減少することで、恒常性はとても強く働くからです。

それに、関連してもう一つ。

食事制限での減量は、脳内の満腹中枢のセットポイントが上昇するからです。

脂肪細胞より分泌されるレプチンというホルモンがあります。

このホルモンはエネルギーの使い方の調節をする作用をがあり、恒常性の司令塔でもある脳内の視床下部で受け取られます。

このレプチンの分泌量が減少したことで、エネルギーの使用量、いわゆる基礎代謝も減少してしまうのです。

生理学的な話でちょっと難しくなってしまいましたが、要するに、食事制限をやめた途端に食欲は増えてしまうということです。

以上のことから、キツイ減量をしたらリバウンドするのは、ほぼ確実です。

そもそも、何かを我慢した後には、次の誘惑には負けやすいというのが人間です。

我慢をするのではなく、考え方と習慣を少しずつ変えていくというのが、リバウンドをしないで痩せるのにも有効な方法なのです。