もっとも簡単で、確実に体重を落とす方法とは?

大抵の女性は、必要もないのに体重を落とそうと必死になっています。

筋肉は脂肪よりも重いですから、しっかり鍛えている人は身長に対しての平均の体重よりも重くなります。

何度も言いますが、「ダイエット」と「減量」は違います。

「ダイエット」とは、生活習慣と考え方を改善することで、一生をかけて心も身体も健康的に美しくなることを目的とした、長期目標をいいます。

それに対して、「減量」とは、とにかく短い期間で体重さえ減ればいいという、短期目標です。

計量のあるスポーツ選手以外に、減量が必要な人というのは、まずいないでしょう。

体重なんてものは健康を計る指標の一つにすぎません。

見た目が引き締まっているのであれば、どれだけ重くても問題はないのです。

ですから、体重を減らすことよりも、身体をいかに美しく磨くかが重要になってきます。

ここまで言っても、どうしても体重を落としたいという頑固な方に、今回はもっとも簡単で確実に体重を落とす方法をお伝えします。

どうしても体重を落としたければ、食べなければいい。

これより、簡単で確実な方法はありますか。

私には思い当りません。

太る原因は食べ過ぎ以外にないのですから、必要以上に食べなければいいだけなのです。

「食べて、痩せる」という文言を見かけますが、これは完全に矛盾しています。

耳触りはいいですが、その方法は「食べない」以上に厳しい方法でしょう。

例えば運動ですが、食べても痩せるほどに運動するのは肉体的にとても辛いことです。

もちろん、運動することが好きなのであればよろしいのですが、好きでなければストレスになります。

結果、そのストレスを発散するために、また必要以上に食べてしまうというような悪循環に陥っているような人もいるはずです。

では、食事の量を控えるにはどうしたらいいか。

最も安全で簡単な方法は、自律神経の交感神経を活発にさせることです。

心が落ち着いている時には、副交感神経が働きお腹が空きます。

ですから、減量中だけどお腹が空いたという時には、心を興奮させて交感神経が働くようにするのです。

そこで、おすすめするのは前述と矛盾しますが運動です。

運動といっても、少し身体を動かすようなことをするだけで、交感神経には働きます。

激しい運動を強いられることはストレスになるかもしれませんが、自分の意志で軽く運動をするのであれば、ストレスの解消にもなりえます。

ストレスというのは恐怖と同様で、「逃げれば倍になり立ち向かえば半分になる」というのも真理なのです