ダイエットしてるつもり?「カロリー控えめ」の罠

人というのは、痛みを避けて快楽を得るようにできています。

何かの誘惑に打ち勝ったとしても、その次の誘惑に負けやすくなるのです。

ですから、誘惑に勝ち続けることができる人というのは、まずいません。

そこで気を付けたいのが、いわゆるダイエット食品です。

「カロリー控えめ」という耳触りのいい言葉をみると、考えることなく食べてしまう人がいます。

いうならば、「「カロリー控えめ」を選んだ私は食欲に打ち勝った」と勘違いしているということです。

必要ないのに食べてしまったわけですから、完全に心理的食欲の誘惑に負けているはずなのに。

ここで問題なのは、自分が誘惑に負けたという自覚がないことです。

これでは食事だけでなく、日常的に誘惑に負け続けることになるでしょう。

そこで私は、「誘惑に負ける時は全力で負けてみる」ことを勧めます。

全力で負けたのであれば、負けたことを忘れないからです。

しばらくは、心理的食欲に打ち勝つことができるでしょう。

心理的にも肉体的にも、健康的な生活を続けるためには、節制しつつ適当にサボることです。

身体に良いことは心に悪く、心に良いことは身体に悪い

というのも真理です。

これをどのようなバランスにするかが重要なのです。