賢い人ほど陥りやすい「学習性無力感」

アメリカの心理学者、マーティン・セリグマン博士の研究により、学習性無力感という見解が発表されました。

これは、長期にわたってストレスを回避の困難な環境に置かれた人は、その状況から逃れようとする努力すら行わなくなるという症状です。

例えば、何度もダイエットに挫折したり、懸命に仕事をしても評価されなかったり、何度も受験に失敗したり…。

自分の努力によって、状況を変化させることができなくなると、「無力感」が学習されてしまいます。

「何をしても意味がない」ということを学習し、現状を変えるどころか、逃げることも諦めるという結果です。

このような状態の人の口癖が「でも、だって、どうせ」です。

これらの言葉を日常的に使っていると、将来に期待を持って行動するというような意欲がそがれてしまいます。

確かに無駄な努力であれば、しない方がいいでしょう。

このような人たちは、本来はとても賢くて合理的なのです。

それゆえに、無力感も学習してしまうのでしょう。

これを克服するには、まず本人が学習性無力感の状態から脱したいと思っているかが重要です。

失敗し続けることを学習してしまったのですから、反対に成功し続けることを学習し直しましょう。

大きな目標も小さく細分化していけば、一つ一つはそう難しくはないはずです。

一方、どれだけ失敗しても、学習性無力感に陥らない人もいます。

物事がうまくいかなかったとしても、別の角度からまた挑戦することができるような人です。

このような人たちは、失敗を世間で思われているような否定的な意味で捉えていません。

何か行動を起こした勇気の証です。

前述の人たちよりも非合理的ですし、賢くはないのかもしれません。

しかし、諦めずに続けていたら、成長するしかないのです。

失敗しない人というのは挑戦しない人であり、現状より良くなることもないですから、いずれは大失敗をします。

世の中に敏感に反応し過ぎるよりも、少しくらい鈍い方が、より自分らしく生きることができるのではないでしょうか。