不眠治療

ストレス心と身体を接ぐことを目的とした当院完全オリジナルの究極の施術です。
自律神経に直接に働きかけることで、心身ともにリラックスすることができます。

柔道整復師であり心理カウンセラーでもある院長が、以下の方法を組み合わせ開発しました。

自律神経訓練法

1932年にドイツの精神科医シュルツによって創始された自己催眠法です。
自律神経の働きのバランスを整え、 過度の緊張をとり疲労を 回復させます。
自律神経機能が正常になると、血流がよくなり、皮膚温が上がり、呼吸が落ち着き、胃腸の働きもよくなって健康が回復します。

吸玉療法

東洋でも西洋でも行なわれてきた伝統的な治療法です。
深部のうっ血した汚血を皮膚の表面近くまで引き出し、流れの良い血管に乗せることで血流の改善を行います。

低周波治療

微弱な電気を人体に通し、その刺激で筋肉を直接マッサージして興奮した神経をしずめます。
血行を促進し、痛みを自然に回復するように手助けする物理療法です。

脊椎骨盤矯正

自律神経の通り道である脊椎の小さな脱臼を取り除くことで、交感神経と副交感神経が正常に作用するよう働きかけます。
関節の可動域が拡大、痛みを緩和する効果も大きいです。

寝起き